象嵌と化粧掻落文・今週の教室から

  • Day:2013.04.29 22:44
  • Cat:道具
今週の教室はゴールデンウィーク前だからなのか、
静かな日が続きました。
2013教室4月27日6

今年のゴールデンウィークは、
少し長めにお休みをいただくことに!!

2013教室4月27日1


黒土に象嵌と掻落文で伝統的な模様をあしらった中皿。

普段食卓で食事が冷めないように保温プレートを使用しているとか...
高台があると保温の効きが悪いので、専用のベタ底のお皿を板作りで成形。




2013教室4月27日3





ある程度硬くなった
成形済みの作品に、
墨で模様の下書きを
していきます。





下書きに添って、
象嵌部分の模様を
竹串や針で溝を彫ります。

同じ模様部分の溝は
なるべく同じ太さ、
深さになるよう丁寧に作業。





2013教室4月27日5



次に筆で溝部分に
化粧を載せていきます。
盛るように施すのがポイント。


カキベラや金ベラ等で
余分な化粧を削り落とし、
白線を浮かび上がらせます。

今回はお皿の形に合った
自作の金ベラを使用。
また、薄っすら線の周りに
残った化粧はあえて残します。

化粧を削り落とす際の
乾燥具合は好みや、
作風によって変えます。
ある程度乾いていたほうが、
作業しやすいかと...。



2013教室4月27日4




ここからは掻落文部分の
白化粧に下地づくり。

まず、薄く溶いた化粧を
筆で輪郭に沿って
均一に塗っていきます。



手に付かない程度に乾いたら、
今度はスポンジに化粧をとり、
軽く叩くようにポンポンと
化粧を載せていきます。
スポンジのテクスチャーが
また作品の味に!!

こうすることで、
マスキング等いらずで、
作業が簡単になります。



2013教室4月27日2



最後にスポンジで施した化粧部分に
掻落しで模様を付けていきます。

必要であれば薄墨で当たりを付け
竹串で模様を描きます。



この時も化粧の乾燥具合で、
掻落した線が硬い線や
柔らかい線となります。

4箇所にそれぞれ違った
模様を施し終了。

最後に中心の化粧部分を
金ベラで薄く削りだしました。
黒土に白化粧と、
色味のコントラストが強いので、
化粧をぼやかすことで、
焼きあがりを柔らかい印象に!!





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

ニャンコ続報!!

  • Day:2013.04.28 23:24
  • Cat:私事
先日突然家族の一員となった、
我が家のニャンコの眼が開きました!!
でも、まだよく見えないそうです。

猫続報3

眼も開き、子猫らしくなってきた我が家のニャンコ...
とってもカワイイ!!
茶トラから『チャトラン』と命名。

猫続報2

初めの1周間はミルクの飲みが悪く、下痢が続き、
体重も増えなくてとっても心配しましたが、
今はミルクもたくさん飲み始め、身体も大きくなっています。
ただ、今度は便秘に苦しんでいますが...。

猫続報1

一番心配だったお姫様育ちの我が家のワンコ...
毎日のお世話で、最近少々疲れ気味。
これまたビックリ、
ニャンコの世話を一番しているのは息子とワンコ!!




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

ozoneクラフトマーケット2013

ゴールデンウィーク、本日より新宿ozoneで開催される
クラフトマーケットのお知らせ。

“器屋 海”取扱作家、陶芸家の藪タケシ氏が、
27日(土)~29日(月)の1期の期間出店します。

藪DM1

ゴールデンウィーク中、各地で開催されるクラフトマーケット...
ozoneのクラフトマーケットは3期に分かれ開催され、
たくさんの作家さんたちが展示販売...楽しそうです。

藪タケシ氏の作品はこちらから。



藪DM2

【ozoneクラフトマーケット2013】

    期間:2013.4.27(土)-5.6(月)
    時間:10:30~19:00
    ※入場無料 休館日5.1(水)
  <1期>4.27(土)-29(月)
  <2期>5.3(金)-5.4(土)
  <3期>5.5(日)-5.6(月)

 <リビングセンター ozone>
  〒163-1062
  東京都新宿区西新宿3-7-1
  新宿パークタワー内
  TEL:03-5322-6500(代表)
  http://www.ozone.co.jp/
  →「イベント・セミナー」をクリック
  ※無料送迎バス運行

  


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

初めての陶芸・子供編

初めての陶芸...子供編。

親子3代で挑戦した初陶芸!!
頑張ってすべての工程を自分で仕上げることに!!

親子3代初陶芸の様子はこちらから。

初めての陶芸子供1

「最近の子供は集中力が低下気味」といわれる昨今、
いやいや、そんな心配は無用。
真剣な表情...美しや!!



初めての陶芸子供2






丁寧に頑張って成形し、
粘土を型抜きして貼りつけ、
模様をあしらった角鉢。





なんと削りまでトライ!!
手を固定し、
くるくるロクロを回し、
高台を削り仕上げる。
見事な手さばき...素晴らしい!!




初めての陶芸子供3









色を使いたいという希望から、
赤土を使用したので、
素焼き後、色を施せるように
白化粧をすることに。

大きめの刷毛で、
数回に分けて化粧を
塗っていきます。

可愛らしい、
角鉢の出来上がり!!
この後、色つけも
釉掛けにも挑戦するそうです。






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

成形編・今週の教室から

  • Day:2013.04.25 23:34
  • Cat:教室
今週の教室から...成形編。
ちょっと変わったものを紹介します。

2013教室4月25日3

板作りによるリムがとっても個性的な、脚付7寸鉢。



2013教室4月25日1




まずタタラ板と麺棒で粘土を、
7mmの厚みに伸ばし、
正円を取り、アウトラインを
緩やかで均等な波線にカット。

その粘土板を丸型の石膏型に乗せ、
4~5cmのリム幅を残したボディーを
石膏型に合わせ密着させて形取る。
ゴムベラ等で均し、土を締める。

少し乾かし、脚を形づくり、ドベで接着。
更に乾かし(リムはあまり乾かさないように)、
型から外します。
木ごてなどで、リムのウェーブを
整えたら出来上がり!!



2013教室4月25日2








こちらは猫をモチーフにした
ミルクピッチャー!!
可愛らしい猫の口が、
なんと注ぎ口になっています。

愛嬌たっぷりの表情が
なんとも言えない、
ニャンコファミリー!!

この後、裏底の処理をし、
シッポを付けます。
シッポが持ち手になるそうです。
出来上がりが楽しみ。




2013教室4月25日4







フリーカップの装飾。
高台の削り前に、
カッターの刃を使用し、
面を取っていく。

カッターなど切れ味の
鋭いものを使用すると、
シャープな仕上がりとなります。
なるべく少ない回数で、
大胆に大きく面取りできると
更に効果的です。

その後、高台裏を削って
仕上げます。
写真に撮りそこねていますが、
手が掛かりやすいように、
考えられて面取りされています。






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

釉掛け・今週の教室から

  • Day:2013.04.22 22:54
  • Cat:教室
今週の教室から...メインは釉掛け。


2013教室4月20日1

皆さん、とっても楽しそう!!


2013教室4月20日2




こちらの作業、
成形で模様付けした凹点線に
筆で酸化金属を塗りこみ、
スポンジで拭きとる装飾の様子。

成形の様子はこちらから。





施した化粧の上から花模様を
書き落とした線に酸化金属を
塗りこみ、拭きとったもの。
花模様がより浮かび上がってきます。


成形の様子はこちらから。

2013教室4月20日3





スポンジを三角型にカットし、
ハンを押すように、
呉須による絵付けを施していく。
描くのとはまた違った雰囲気に!!

スポンジのハン面に
まんべんなく適量の呉須を取り
(漬けすぎに注意)、
軽く、リズム良く 、ポンポンと
判を押すように...
1~2個ごとに呉須をスポンジに
取り直しながら施すと、
キレイに仕上がりますが、
かすれや色の濃淡も味わいに!!
応用の効く、楽しい装飾法の一つ。

初めての陶芸での
始めての絵付け...素晴らしい。

初めての成形はこちらから。



2013教室4月20日5



撥水剤を使用した釉抜き装飾。
鉛筆による下書きに添って、
撥水剤(油性)を丁寧に塗り描いていく。
撥水剤の部分が釉をはじき、
焼成後赤土の素地を見せ、
模様となります。

この模様の小皿バージョンの
作品はこちらから。



こちらは同じ釉抜き装飾。
更に手を加えた作業を!!

釉抜きする部分の素地の発色を
良くするため、まず絵柄の部分に
薄い土灰釉を塗っておきます。
そしてその上から撥水剤を施します。



2013教室4月20日4


シェラックレジスト技法で装飾を
施した一輪挿しの釉掛け。

花器で一番困るのが水漏れ。
2日程置いておくと、
なんとなく濡れている...。
貫入からじわじわと漏れだします。

そんな貫入漏れを事前に
なるべく防ぐため、
貫入の入りやすい釉薬を
使用する場合内と外で
釉を掛け分けます。
外掛けの釉薬と収縮率の差が
あまりない大きな貫入が入らない
ものを選びます。

まずは柄杓で花器の中に釉を入れ、
内側を施釉。
次に、口を指で塞ぎ外側の施釉。

ここまでの成形の様子はこちらから。




2013教室4月20日6

長板皿の釉掛け。
白釉と鉄砂釉の簡単掛け分け。

まずは釉薬を板皿が入る
大きさのタライに用意します。
白釉を印文を目安に施釉。


仕上がりの雰囲気を考え、
あまり直線的にならないように
施すのがポイント!!

白釉が乾き、
持てるようになったら、
残りの部分に同じように
鉄砂釉を施していきます。

この時、先に施した白釉と
少し重なる部分を作ります。
そうすることで、また違う釉の
色合いを見ることができます。

成形の様子はこちらから。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

茶器パーツ付け3(持手)

茶器のパーツ付け最終は持ち手...。

朱泥茶器9

全てのパーツを付け終わった茶器。
他の朱泥作品同様、
これからシェラックレジスト技法による、
ドット装飾を行います。

朱泥茶器10





持ち手もさまざまな作り方が
ありますが、茶器のデザイン、
機能性(握りやすさ)を考慮し、
持ち手裏に丸みをつけることに...。

今回はカキベラを利用し、
粘土の塊から持ち手の原形を
掻きだしていきます。




カキベラを入れる深さを一定にし、
出来る限り同じ太さ、厚みのものを
掻きだし用意します。
後から調整するので、
ここでの原形は少し太く厚みを
持たせておきます。




原形に水を付け滑りを良くし、
程良い厚み、丸み、太さに
なるように調整していきます。
その後欲しい形に丸め、
ある程度乾燥させます。




朱泥茶器11






ある程度の硬さになったら、
必要な長さ、
断面は胴の丸みに合わせ、
カットします。
次に持ち手の位置決めをし、
薄墨で印を付けます。
その際、注ぎ口との位置関係、
持ち手の傾きに注意します。




今回はなめさず断面付けなので、
ドベをたっぷり付け、しっかり接着。
また、必要な部分を細い粘土紐で
補強すればなお安心!!





ここで持ち手の形を最終チェック...
なので、若干の変更が可能な
硬さで作業しています。
余分なドベを拭き取り、
ヘラで接着箇所を馴染ませたら作業完了!!
装飾の関係上、今回自分の印はここに!!







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

茶器パーツ付け2(茶こし)

今日は茶こしづくりとその取付の様子。

朱泥茶器6

上の写真は茶こし専用の石膏型。
人により茶こし道具はいろいろ...
木型の人もいれば、凸凹の型を使う人さまざまです。
私はもっぱらこれを使用!!


朱泥茶器7


厚さ2mm程の粘土板を作り、
それを布で挟み、
厚さ1mmのタタラ板を置き、
更に麺棒で伸ばし、
1mm厚の粘土板を作る。



茶こし専用の型に
湿らせた布を被せてから、
1mm厚に伸ばした粘土を
丁寧に巻き付けていく。

布は無くても大丈夫ですが、
石膏型の保護にもなります。



巻きつけた粘土の余分な
部分を切り取り、
下からポンスで孔を開けていく。

いろいろ試しましたが、
私は下から順に開けていくのが
いちばんキレイに孔が開きます。

ポンスの先に灯油等をつけると
粘土がポンスにつかず、
上手く孔が開きます。

また、粘土が柔らかいと
孔を開けにくいので、
電球にかざしたりして硬さを調整。




朱泥茶器8





孔を開けた胴にドベをぬり、
茶こしを型ごと押し込み接着。

もちろん、型から外して
接着してもOK。







石膏型を抜いた後、
布を抜き取れば、茶こしが
胴にキレイについています。






余分なバリを取り除き、
ヘラで外、内ともに
馴染ませたら完了!!

茶こしを接着する際は、
胴と同じ硬さに調整し、
茶こしの割れを防止!!






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

茶器パーツ付け1(注ぎ口)

工程が多く、手間の掛かる茶器づくり...。
注ぎ口、茶こし、持ち手、それぞれのパーツ付けの様子を
各作業ごと、数回に分けて紹介します。

朱泥茶器5

パーツの形はもとより、付ける位置によっても
作品の雰囲気がかなり異なってきます。
使い勝手も考慮しつつ、ベストなフォルムに!!

ここまでの制作の様子はこちらから。

朱泥茶器4



各部位の接着において重要なことは、
全てが同じ乾き具合であること。
乾燥の程度に差があると、
接着後の各部の収縮率に差が生じ、
割れや剥がれの原因になります。
接着時の乾燥具合の調整には、
最も配慮が必要です。


ろくろ挽きした胴と蓋を
デザインに合わせ、
丁寧に削りだす。



注ぎ口は斜めにカット。
急須職人さんは、
注ぎ口や持ち手の接着部を
胴の曲面に合わせて切る道具を
必需品としてお手製のものを使用。



注ぎ口の付く位置を決め、
薄墨で当たりをつけ、
コンパスで茶こしと同径
(または、やや小さめ)の孔を描く。
孔を刃物等で開けますが、
茶こしを受けやすいよう、
内窄まりになるように断面を
斜めにカット。




朱泥茶器3




丁寧に孔を開けた茶こしを、
胴孔の切り口にドベを塗り接着。
内、外ともヘラ、筆等で均します。

茶こしの作り方は、
次回詳しく紹介したいと思います。



斜めにカットした注ぎ口の根本の
内側の角を落としドベを塗る。

注ぎ口の位置付けで注意することは、
注ぎ口の先が胴の縁より下に
ならないようにデザイン、接着します。
注ぎ口の先がしたにあると、
お湯をいっぱいに注いだ時に、
注ぎ口からお湯が溢れてしまいます。



まっすぐ付くよう位置を
確認しながら接着します。
ドベのはみ出しを筆で取り除き、
ヘラで接着面を均します。

接着後、注ぎ口の先を刃物等で整えます。
一般的にキレの良い注ぎ口の調整は
先下半分を撫で付けて下に少し下げ、
注ぎ口の内側を刃物で少し削ぐことで
お茶は外にきちんと出るか、
内に戻るかの構造になって滴りを防ぎます!!




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

珍来客!!

  • Day:2013.04.17 12:44
  • Cat:私事
今日の教室に珍しいお客様が...

にゃんこ1

小さな小さなお客様の子猫の兄弟。
まだ目も開かぬ赤ちゃんネコなのに、
箱に入れられ置き去りにされていたとか...。

にゃんこ3







まだ、へその緒もついたまま...
お母さんは何処へ?!





ミルクの前にまずはトイレへ!!
トイレも一人ではまだまだ...
ちょっと刺激をしてあげてお手伝い!!



にゃんこ2













哺乳瓶からミルクも
まだ上手に飲むことができず...
スポイトなども使って、
何とか飲んでもらいます。



十数年ぶりの哺乳瓶!!
さすが子猫用...
乳首のサイズがかわいい!!







ウチにはイタグレのわんこが居るのだけれど...
犬嫌い、猫好きの変わりもの...だから大丈夫かな?!
といううことで、一匹引き取ることに!!
我が家に久々のニャンコが加わります!!




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

出来上がりました!!(ブックマーク)

とっても可愛らしいオリジナルのブックマーク...
毎週の教室で、
コツコツと小さな仕事を積み重ね、
遂に完成!!

ブックマーク1


制作の様子はこちらから。
釉掛けの様子はこちらから。
ビーズラックの代わりはこちらから。
焼成後の作品はこちらから。


ブックマーク2






こちらは、
手帳などにも便利な
紐が輪になったタイプ。
アイディアですね!!










こちらは、
一本紐の本用の栞。
本に紐を挟むと、
両端からキャラクターが
見えてとてもキュート!!










にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

初めての陶芸・親子3代で!!

初めての陶芸...。
親子3代で陶芸に挑戦...いいものですねぇ~!!

初めての陶芸親子3代1

体験仕上げコース...成形、削り、釉掛けと計3回、
自分で出来る全ての工程を体験します。
親子1,2代目さんは最終工程釉掛けを...
3代目さんは今回から参加、成形に挑戦!!

初めての陶芸親子3代2





今回は1代目さんが制作した
マグカップの制作工程を紹介。

工程2回目で最終的な
マグカップの形が完成。



<1回目>

まずは、マグカップの本体を
玉作りで丁寧に成形。




初めての陶芸親子3代3












<2回目>

見込みの形に合わせ
高台を削りだします。

本体に合う取手を
紐にした粘土から作り、
本体に接着します。




初めての陶芸親子3代2











<3回目>

素焼き後、
軽くサンドペーパーを掛け、
ホコリを拭き取り、
高台に撥水剤を塗り釉掛け。

まずは口縁に色釉を施し、
釉掛けバサミを使って、
作品全体を白釉に浸し掛け。

初めての作品、
焼き上がりまでワクワクです!!









にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

化粧掻落文の花器・今週の教室から

  • Day:2013.04.07 23:44
  • Cat:教室
本日は『化粧掻落文花器』の制作様子の紹介。

化粧掻落文花器今週の教室から1

扁壷のボディーにユニークなリム...。
赤土に刷毛で化粧を施し、
掻落しで文様を描いた個性的な花器。

化粧掻落文花器今週の教室から2





ここまでの成形の様子はこちらから。


変形した本体ということもあり、
ピッタリなシッタ、
代わりのものもなく、
柔らかめのプラスチック製のカップを
上手く利用して高台削り。



次に大きめの刷毛で
ムラをつくりながら、
大胆に白化粧を施します。
焼成後の色合いの「味の素」!!


化粧掻落文花器今週の教室から3









薄墨で模様の配置を
下書きしていきます。
墨は素焼き後には
消えてしまうので、
間違えても大丈夫!!



白化粧が手に付かない
程度に乾いたら、
先を丸め、太さを調整した
竹串で文様を掻落していきます。
竹串は寝かせ、化粧が落ちる
程度に落とせばOK!!
下書きはあくまで目安なので、
描きながら微調整していきます。






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今週の教室から・白化粧を使う

  • Day:2013.04.06 22:44
  • Cat:教室
櫻も散り始め、新緑の準備がすすむ季節...
工房でも、各々チャレンジ精神一杯に制作に励み、
着々と腕を上げています!!


2013教室4月6日1

今週は白化粧を使った装飾を紹介していきます。


2013教室4月6日2





当初の予定を変更...
成形の際施したコマ文を
象嵌装飾することに...。

成形の様子はこちらから。

高台を削りだした後、
コマ文の溝幅、深さを
竹串等で改めて整える。
次に白化粧を溝に、
埋めるように盛っていきます。



化粧が手に付かない程度に
乾かし、その後金ベラ等で
少しづつ、丁寧に余分な化粧を
削り落とします。



線の周りに薄っすら
残った化粧を全てキレイに
削り落とす場合もありますが、
今回はこのまま残すことに...
これもまた味です。





2013教室4月6日3






黒土を使用し成形した
かなり大ぶりな鉢(丼)。

半乾き状態で
高台を丁寧に削りだしてます。



削り後少し乾かし、
白化粧を大胆に
柄杓掛けしていきます。
一発勝負、やり直しは効きません。
素早く、しかし落ち着いて作業!!



黒に白と焼き上がりが楽しみ!!

でも実は制作した作品の内数個が、
化粧後崩壊してしまいました。(泣)
化粧のざぶ掛けや柄杓掛けには
つきもののリスクですが...。
生徒さん本人、
かなりショックだったようですが、
「また、挑戦します!!」と...
頑張りましょう!!







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

朱泥茶器づくり

朱泥の残土の処理、まだまだ続いています。
朱泥の王道、茶器制作に励みます。

朱泥茶器1

パーツの多い茶器...
まずは電動ロクロで本体、蓋、注ぎ口を挽きます。
それにしても、ものすごい色なので、汚さぬよう気を使います!!



朱泥茶器2
本体は木ゴテ、柄ゴテなどを
使用し丸みをつけながら、
丁寧に挽いていきます。
今回はデザイン上、
蓋受けの無い形に!!

蓋は裏を作り出す方法で...。
内外パスを使いながら、
本体の口径にピッタリ合うように、
サイズを図りながら成形。
木ベラ等で本体と合う部分を
しっかり仕上げます。

普段、あまり水を使わずに
引き上げるのが好きですが...
さすがに注ぎ口ではお水は多め。
細~いコテで細く、
少し長めに注ぎ口を成形。
口は薄いほうが水切れが良い!!

後日、パーツなどの接着工程など
紹介できたらと思います。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

一輪挿しづくり・今週の教室から

  • Day:2013.04.02 20:44
  • Cat:教室
本日も今週の教室から...。
シェラックレジスト技法による、
『一輪挿し』の制作の様子を紹介します。

一輪挿し今週の教室から1

ふくっらとした丸みに小さな口...
銅にシェラックレジスト技法を用い、
2サイズのドット柄で流線を描いた、
小ぶりで素敵な一輪挿し。

昨年末にも同じ物を制作し、またまた再挑戦!!

昨年の作品はこちらから。


一輪挿し今週の教室から4






既に成形の様子は
先月紹介しておりますが...。


一輪挿しの小さな小さな口...
すっかり慣れた手つきで
シューっと縮めていきます。

電動ロクロだと簡単ですが、
手びねりで成形の際には
ちょっとしたコツが...。
厚みを均一に整えてあれば、
結構簡単に上手く仕上がります。




一輪挿し今週の教室から3








高台の削りには、
湿台(シッタ)の代わりに
工房に転がっている
ガラス瓶を利用。

まずはガラス瓶を
ロクロの中心に固定。
作品が傷つかないよう、
瓶の口に粘土を巻きます。


後は作品を湿台に据え、
中心を合わせ、
高台を丁寧に削ります。




一輪挿し今週の教室から2









最後にシェラックで
模様を描いていきます。

数もこなし、制作2回めなので、
薄墨で当たりも付けず、
そのまま作業開始(驚)

まずは大きなドットから描き、
その隙間を小さなドットで埋めます。

描き終わったら、
スポンジで水拭きし、
適度に模様が
浮き上がったら完成!!







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。