石膏カンナ

  • Day:2014.02.15 21:21
  • Cat:道具
石膏カンナ。
新調してみたのだけど...

鋳込みタンブラー2

ロクロで石膏原形制作する際に
フォルムの削り出しに仕様!!
 
新調したものの刃の角度などが非常に悪い。
無精して市販のものを購入したのがまずかったか...
せめて刃だけでも自分で研ぎなおそう!!

鋳込みタンブラー3

ロクロに据えた石膏の塊を上の画像のように
添え棒を支えに石膏カンナ削りだしていく。

ガリガリジョリジョリ、
久しぶりの感触を楽しみました!!




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

下準備!!

  • Day:2014.02.13 15:30
  • Cat:道具
 鋳込みでタンブラーを3種類ほどつくろうと思い、
まずはその石膏原型製作の下準備。

鋳込みタンブラー

板やアクリル板で囲いブースをつくり、
そこに電動ロクロをセッティング。
これで準備完了...久しぶりにロクロでの石膏原形づくり。

本当は石膏ロクロ、専用のものがあるとベターだけれど、
普段あまり使わないあぶれっ子のロクロさんに頑張ってもらいます。

とにかく掃除がしやすいように新聞紙だらけ!!

鋳込みタンブラー1



ロクロ台を直使いでも良いのですが、
石膏型専用のロクロではないので、
カメ板を轆轤台にはめて使用。

実は面倒だったので、
市販の簡易丸型はめ込みカメ板を
購入していたのですが...
標準型シンポ製にはぴったり、
しかし、このロクロにははまらず
結局作ることに。

普段使う大きな8角カメ板を犠牲に!!
中心に穴を開け、
回転で石膏原形が飛ばないよう、
ネジで突起をつくる。
ネジなので後で外しやすい。

ロクロ台の溝程度でも充分ですが...。
カメ板をはめるし、
久しぶりのロクロでの原形づくりなので!!

原形成形後、正中線を割り出しやすいよう、
同心円と分割線を書を書いておく。

裏にはロクロ台にはまるように、
市販のゴムを3箇所ネジで固定。


石膏を削っていく際に
あると便利な添え棒!!
石膏カンナを支え、
固定するのに活躍。

使用していたものが行方不明なので、
新調することに...。
長目の角材の先端に釘やネジを
固定したら完成!!

これで準備万端!!





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

また降ってる!!

  • Day:2014.02.11 14:41
  • Cat:私事
何故か今朝も未明からまた雪が降ってます。
解けかかってた雪像もまた薄っすら雪化粧!!

雪像5

一体どうなっているのか?!
今週土曜日も怪しいらしいから...(泣)

もう除雪した雪の置き場もないし、
解けてくれないことには駐車スペースもない!!

これ以上降るとこの地域の人は対応しきれないぞ!!
必死で雪掻きした皆の努力が無駄になりませんように...




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

雪像まつり!!

  • Day:2014.02.10 15:14
  • Cat:私事
この土・日曜日の記録的な大雪...この辺りは特に酷かった。
道路の雪掻き後、行き場のない雪で雪像づくり!!

不慣れな雪にてんてこまいなこの数日。

雪像1

駐車場を占領している雪像...いつ解けるのかな?
お客さんや生徒さんの駐車スパースが確保できない。

雪像2  

マンモス...のつもり。象でもOK!!
陽に当たりだいぶ解けてきた。

雪像4

こちらは車より大きい巨大ワニ...のつもり。

雪像3

山積みになった雪が醜いので、
雲に浮かぶMt. Fujiにしてみました。

仕事をほったらかし一人楽しんでしまった週末。
楽しめるのは今日ぐらいかな...。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

Get !!

  • Day:2014.02.06 22:44
  • Cat:道具
「卓上電動糸鋸」を物々交換にてゲット!!
とっても嬉しい限りです...。
なかなか立派...これから活躍間違いなし。

制作のための道具を作る工具には、
なかなかお金が掛けられない...悲しい現実。
とは言え、
かなりの工具が充実してきている今日この頃。

電動糸鋸

これまで、せっせと手動糸鋸で時間を掛けていた
コテの制作時間がぎゅっと短縮...最高!!

今まではこんな感じで制作していました。
さようなら手動糸鋸さんから。...
これからはもっと楽しくなりそう!!
他にもいろいろと便利だしね。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

届いています...織部UTSUWAシリーズ

本日は、陶芸家藪タケシ氏の織部UTSUWAシリーズ新作を紹介。

藪タケシ氏の作品はこちらから。

藪タケシ作品6

藪氏らしさが器のキャンパスいっぱいに表現された、
個性的でモダン、とても素敵な楕円の小鉢。

この作品の詳細、ご購入はこちらから。


藪タケシ作品7





化粧の焼締素地に織部、
アクセントに貝置の焼き跡...
藪節が効いた織部シリーズ。
実はこのスープカップ、
見込みの釉調が美しい。

この作品の詳細、ご購入はこちらから。







こちらは織部の美しい濃淡と
鉄彩のコラボが効いた、
和モダンな仕上がりの脚付角浅鉢。

この作品の詳細、ご購入はこちらから。







ざっくりとした座布団のような
面白いつくりの角板皿。
青味がかった一味違う織部と
素地のコントラストが美しい一枚。


この作品の詳細、ご購入はこちらから。








にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。