今週の教室から。

  • Day:2014.04.18 00:08
  • Cat:教室
新緑の美しい季節の始まり...
作品制作には最も最適な季節!!

2014教室4月12日4

この春からの生徒さん...。
久しぶりのロクロ挽きの練習作品に
違った手法で白化粧を施し、
いろいろと試みたマグたち。


このところ流行りの塊づくり...。

この女神様は何パーツにも分けての制作。
やっと腕がつき衣が着せられ、後は細部と台座...
実は作者さんご懐妊という嬉しい現実の中、
時間を掛けながら頑張っています。

2014教室4月12日2

2014教室4月12日1

キュートなポーズが魅力的なワンコ...
確かゴールデンと何かのMixがモデル。
ドッグカフェのマスコットキャラクターになるそうです!!


2014教室4月12日3

焼き上がった鉢の口辺を異素材で飾る!!
器がまた別の顔を覗かせ始めているようです。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

「淡々」との予定が...

  • Day:2014.04.14 22:44
  • Cat:道具
淡々と作業をこなすはずでしたが...。

大物用の丸型石膏板を量産のはずが、
あるはずの石膏の在庫切れが発覚!!

石膏板1

植木鉢の受け皿を利用して簡単に石膏板づくり。
離型剤もいらないし、仕上がりはキレイだし、
ポンポン出来上がる!!

石膏板2

上部をカッターの刃でさっと均し、
少し乾かして軽く面取りして終了。

もっと量産する予定が、
今回は残念ながら2クールで終了!!

練り用の大きな角板も何枚かつくりたいし、
石膏板づくりと石膏型づくりの授業もあるので、
とりあえず石膏を買い出しにいくか、オーダーします。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

こども体験・今週の教室から。

  • Day:2014.04.11 11:40
  • Cat:教室
春休み中のこども陶芸体験...。

集中し制作した後の素敵な一枚!!
初めての陶芸、楽しんでもらえたかな?!

2014教室4月5日7

「大好きなパパにプレゼントしたいから」と
普段使い出来るものを希望!!

普段のこども体験では作品の削りなどは、
子供らしさを100%残すために
極力行わないようにしています...。

その点を考慮し、
今回は板作りでマグカップづくり!!

2014教室4月5日8

この春新一年生...
これだけ集中して作業できれば、
学校での生活は心配いらないようですね!!




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

ほねホネ骨!!・今週の教室から。

  • Day:2014.04.09 09:40
  • Cat:教室
ほね、ホネ、骨...!!
ワンコ好きにはたまらない、
キュートな骨型箸置き。
2014教室4月5日5

数を作るので型作りも検討しましたが、
キュートさを追求...
微妙な個々の違いをだすため、
手間は掛かりますが削り出しで制作。

2014教室4月5日6















厚目に伸ばした粘土板を
1週間ほど寝かせ、ナイフが
入る程度に硬さを調整します。

まず必要なサイズの角板に
個々を切り分けます。

クリアファイルなどを利用して
作った型紙...丈夫で水に強く、
何度も使えとても便利です。

その型紙に合わせ、
メス等で角板から形を
切り出していきます。

まず、カキベラ等で
大胆に形ギリギリまで
荒削りを行います。
その後、表面的に
丸みなどを整えます。
この最終作業は粘土が
硬いほうが上手くいきます。

スポンジで軽く水拭きすれば、
最終的な丸み、表面を
簡単に整えられます。

最後に刷毛目や少しムラを
作りながら2、3度白化粧を
施して成形終了!!





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


今週の教室から。

  • Day:2014.04.07 20:54
  • Cat:教室
今週の教室から...。
今週の作業のメインは釉掛け。

2014教室4月5日1

雛人形は土の温もり残しシンプルな仕上がりにするため、部分的に釉を拭き取ったり刷毛塗りを施します。
雛人形の成形の様子はこちらから。

キャンドルポットは風合いを良くするため、まず酸化金属で彩色!!
キャンドルポットの制作の様子はこちらから。


2014教室4月5日2

角鉢に筆を振って大胆に彩色を施していきます。

2色の釉薬を掛け分けた角小皿。


2014教室4月5日3

前回仕上げたカップ受け皿、カップ脇にちょこっとお菓子を添えられる楕円ソーサー...色化粧を施し竹串で線を掻落。
セットのカップはこの記事のトップの画像の一枚、こちらから。

隔週での作業の中、時間の掛かる招猫制作をやっと装飾段階まで...あともう少し!!


2014教室4月5日4


そんな傍ら、ひたすらロクロへ向かう...。
春からまた電動ロクロ生徒さんが上級から初級者まで増えるので楽しみです。

春休み期間ということもあり、子供さんも初陶芸!!
制作の様子は日をあらためて紹介します。



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



トンボづくり

  • Day:2014.04.05 15:14
  • Cat:道具
トンボづくりの紹介...。
成形時のサイズ合わせには必需品の道具。

トンボ1

作品ごとにつくるので、
持ち手無しの簡易なトンボにしています。

トンボ













竹だと作業しにくいので、
ホームセンターなどで
売っている木材片を使用。

ほしい高さの位置に
ドリルで竹串の径の穴を
木片に対ししっかり
垂直になるよう開けます。

その後さきの方を
細く削りだしていきます。
小刀が何処か散歩に...
で、カッターで代用。

サンドペパーを軽く掛け
丸みを出します。

竹串を必要な長さに切り、
仕上げた本体の穴に
通せば完了です!!

持ち手パーツが欲しい人は、
本体の上下を同じように削り、
他の木板にさせば
一般的なトンボになります。

トンボは数が増えていくので、
収納も工夫してます!!





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

木ゴテづくり

  • Day:2014.04.03 13:40
  • Cat:道具
今日は新作で使用する
仕上げゴテ制作の様子を紹介。

木ごて

木ゴテもやはり自分で制作したい道具のひとつ。
木ごて1









下書きに添って
電動糸鋸で切り出します。
今までは糸鋸(手動)で
作業を行っていましたが、
今回からわらしべ長者で
手に入れた電動糸鋸が活躍。

手慣れてたはずが...
久々で緊張、
一発目はひどかった!!
でもさすが電動、早っ!!

おまけにこの糸鋸、
天板の角度を45度まで
調節できるすぐれものだった。
作業中に気づき感激!!
他のものもなるのかな?
私が知らなかっただけか...?!

そんなこんなで、
キレイに形を切り出せれば
ベルトサンダーの作業いらずで、
軽く棒ヤスリとサンドペーパーを
掛けて終了...作業時間が激減、
1つ約10分程度。
緊張した1つ目だけは
ベルトサンダー掛けが必要でした。

丸みのきつい45度カットは
かなり厳しいかな~??
丸ゴテはベルトサンダー必須?!

短時間でこの仕上がり、
とっても満足しております。





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ