色土を使う・今週の教室から

  • Day:2012.07.20 02:14
  • Cat:教室
 展示会の関係で先週は追い込み作業の人が多かったのですが、
その傍ら、何人かの方は新たに制作作業をしていました。

教室7.18.1

教室7.18.2




そんな制作作業の中から、
色土を使った
モダンでシャープな
足つきの素敵な角皿の
作業工程を紹介します。






教室7.18.5

まず粘土を欲しい大きさに叩いて伸ばし、たたら板を使い枚数分スライス。

色粘土は市販の練り込み顔料(黒、薄茶)を10%程混ぜ作ります。
ムラの無いようによく混ぜ合わせ、練り、硬さをスライスした粘土板と同じくらいになるように調整。

色土をある程度の大きさと形に整えておきます。

教室7.18.4

ある程度伸び大きくなることを考慮し、スライスした粘土板に色土を配置していきます。

布を当ててローラー掛け、色土を密着させ厚みを均等にします。

布をはがすと、思いもよらぬ模様に仕上がっています。

教室7.18.6

楕円の石膏型に粘土板を置き、土を締めながら形を整えていきます。

ゴムベラなどで表面を均し、さらに土を締めます。

ドライヤーをあてて、軽く乾かしていきます。
石膏型が水分を吸収するので、時間がある場合はドライヤー作業はいりません。

教室7.18.3

形を保てるような硬さになったら、型から外します。

急遽、形を変更することに...シャープな角形へ。
カッターの刃等で口辺を切り出していきます。

半球の足をドベで接着して終了。





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。