教室の作業風景・下絵付け

  • Day:2012.03.10 11:44
  • Cat:教室
今週の “陶工房 海” 陶芸教室、作業風景の中から
時間も忘れ一心不乱、制作に没頭しています。

教室

その中から、今週のセレクトトッピク。
オリジナルで個性豊かな絵柄、その下絵付け(骨描き)の様子を紹介します。

教室5

この作品は全体を染付(呉須)で仕上げ、本焼き後に上絵を施す予定です。
まず、素焼き地に鉛筆で薄く下書きを施し、鉛筆の下書きをガイドにして
面相筆を使い、呉須(今回は古代呉須)で順序良く描いていきます。
目も肩も痛くなるような、細かい作業が続きます。

教室2




皿一面に丁寧に描かれた絵柄。
絵柄のベースは伝統的な七宝文に、
よく見ると唇・りんご・ハートなど
ユーモアある若いセンスが光っています。

教室1




  
 
 



   円皿、6分割されたパーツにはそれぞれ、
   伝統的な文様を独創的にアレンジされた絵柄が、
   弁柄で丁寧に骨描きされています。

  教室4








丁寧に描かれ準備された絵柄のデザイン図案。
制作を通して、とても大切なことです。
つくるものを頭の中でイメージするだけではなく、
ラフスケッチ(ヘタでも良い)を描くだけで、
作品の仕上がりが違ってきます。






教室3

この後、下絵の色付、釉掛け、本焼き、上絵と作業はまだまだ続きます。
仕上がりが楽しみです。





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

やりたいって言うと
ちゃんとやれる方法を考えて
指導してくれる先生が居るからこそ
であります(^v^)
いつもありがとう~♪
おかげで楽しい陶芸ライフを
エンジョイしています♪
絵付け、頑張りまっすp(^0^)q
  • 2012/03/11 15:35
  • づみん
  • URL
Re: タイトルなし
> づみんさん
> 陶芸ライフをエンジョイしてもらえてるなんて、
>私としては嬉しい限りです。o(^▽^)o
> これからも楽しみながら、
> 自分らしさを表現していってください。

  • 2012/03/11 22:29
  • kanae
  • URL
すごい!!仕上がりが私も楽しみ♪

他の方の作品もまた参考に
次々といろいろ作品が作りたくなり
楽しみですー('ε'*)
  • 2012/03/13 11:26
  • あやの
  • URL
Re: タイトルなし
仕上がり楽しみにしててください!

どんどん挑戦して、
素敵なものをつくりませう。

  • 2012/03/14 23:32
  • kanae
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)