グラタン皿の削り

先日、成形したグラタン皿を数日ほど室に入れ、
作品を削りやすい硬さに調整したのち削り作業を行います。

削りロクロ

削りは電動ロクロを使います。(早いので・・・)
今回湿台を作り忘れ、作り置きのものもサイズが合うものがなっかたので、
代用品で「簡易湿台」をロクロに据えての作業です。

削り裏

削り作業で余分な土のお肉を落とし、かたちはスッキリ。
直火対応なので裏は高台のないベタ底です。
この後、白土の作品の方は取って付けの作業、
赤土の作品はドット柄の下準備です。




にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。