絵付け、釉掛・今週の教室から

  • Day:2012.09.16 06:34
  • Cat:教室
朝晩は少し涼しくなったものの...まだまだ残暑の厳しい日が続いています。
この頃.夏休み明け、最初の週の教室は皆さん絵付けや釉掛け!!


教室9.9.1

今年が初めてですが、長い夏休みをいただいてしまったので...
皆さん、久しぶりの陶芸を楽しんでいました!!


教室9.9.6

  


  
  初めての陶芸作品。
  お孫さんへのプレゼント!!
  
  男の子と女の子、
  下絵具で色分け...
  ブルーとピンク。
   
  単色ですが、色合いに
  濃淡をつける工夫で、
  模様もグレードアップ!!

  初めに薄く溶いた下絵具を
  大きめの刷毛で塗ります。
  その後、筆で細い線を
  描いていきます。

  お孫さんの名入れも!!
  





教室9.9.4



お孫さんへのプレゼント。
サッカー少年のために、
絵柄はサッカーボール。

お茶碗の中に大きく描か
れたボールがかわいい!!
胴には芝生の上にボール
が転がっています。

今回は鉛筆タイプの
下絵具を使用しました。
筆とは違ったタッチ、
イラストのような感じを
楽しめます!!
絵柄にあったものを
チョイスすることも大事な
表現方法です。







教室9.9.5


  

  とっても、とっても小さな、
  指先ほどのブーちゃん!!

  そのブーちゃんに絵付け...
  それも、超極小の花柄。
  脅威の絵付け作業!!
  眉間にシワがよります。

  面相筆で丁寧に、
  そして慎重に、
  花柄模様をブーちゃん
  全体に描いていきます。

  花柄をまとったブーちゃん、
  とってもキュートです!!

  







教室9.9.3




一風変わった花器。
まず、花器の内側に
黒マット釉を施釉。

内掛け時に外側にこぼれた
釉を拭き取ります。
その後、作品に味を出す
ための酸化金属を刷毛で
施し、余分なものを
スポンジで拭き取ります。

少し乾かしてから、
かなり薄くした白マット釉を
施して完成...焼き上がりが
楽しみです!!

これまでの制作工程はこちらこちら









教室9.9.2

  


  梅酒用のカワイイゴブレット。
  カップの外側は、土味を活かす
  ために天然松灰釉を薄掛け。

  その後、白釉系を掛け分けて
  いきますが、ちょっと凝った
  デザインの場合は写真のように、
  外側に施した釉の上から、
  撥水剤を塗っていきます。

  撥水剤を塗る部分は必要な
  部分だけでいいのですが、
  まだ釉掛けに慣れていない場合、
  白釉が掛かっては困る部分全てに
  撥水剤を施しておくと安心です。

  特に初めての方などにはオススメ!!
  






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。