制作いろいろ2・今週の教室から

  • Day:2012.09.29 23:44
  • Cat:教室
昨日のブログ、『今週の教室から』のつづき。



教室9.22.6



素地抜き模様の下絵付けに挑戦!!
大皿のリムに8㎝幅のピンクカラー
の帯模様をドットと直線模様に素地抜き。

まず軽く下絵を描き、それを目安に、
インクで色を付けた陶画糊を素地抜き
するドットと直線模様に塗っていきます。




陶画糊が乾いたら、刷毛で下絵の具を
施します。
薄めに何度か塗るとキレイに塗れます。






その後針などを用いて、陶画糊を剥が
していきます。
この作業、癖になるほど楽しい!!







全部剥がし、下絵の作業完了。
そして施釉します。







教室9.22.3










  
  高台脚付の洋風の花器。
  大きなゴブレットみたい!!

  まず、成形済みの胴の部分を
  丸底に削りだしていきます。




  削りだした胴の丸底に、ヒモづくりで
  脚の部分を成形していきます。

  安定するようにラッパ型!!
  こちらも丁寧に形、厚みを整え、
  作業していきます。
 


  
  大きものを制作している時は、
  たまに作品から離れて、
  形の確認をすることをオススメ!!

  脚と銅の切り返し部分に
  線文をヘラで入れていき
  花器のアクセントにします。




  これで立派な洋風花器の完成!!

  あまりにも立派なゴブレット(笑)
  「飲み会で活躍しますね~」と
  生徒さんと盛り上がりました!!









教室9.22.2





手びねりで大皿づくり!!

手回しロクロいっぱいを使い、
太めの粘土ヒモを2本丁寧に
積んで、厚み形を整えていきます。

ここではあまり薄くし過ぎないように!!



コテやヘラなどを使い、
厚み、形、表面をキレイに整えたら、
立ち上がりの部分をコテを用いて、
ロクロを回転させながら、
徐々に倒していきます。

中々難しい作業です。
何点かのポイントを抑えればOK!!



好みの角度に倒したら、
口辺をなめし皮でつくり整えて完了!!

お皿作りに慣れないうちは、
底の割合を直径の3分の2にすると
成形しやすいです。







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。