一輪挿その二(イッチン?)

  • Day:2013.01.22 23:34
  • Cat:制作
『一輪挿し』制作のつづき。

今年の本格テーマでもある“点”。
全ての物事の根源となる“点”。
“点”を使って私なりに表現していきたい。

一輪挿し(鋳込み)3

鋳込んだ『一輪挿し』本体の下処理を終え、
ある程度乾燥させた後に、イッチン?による装飾。

シェラックレジスト技法も考えましたが、
この後の彩色を考えてこの装飾法を選択。

注射器のシリンジを使用し、
ひたすら、同全体に“点”を落とす。

人によって使い易い道具、自分の表現にあった道具はそれぞれ違う。
私は他のイッチン装飾でも好んで注射器を使用。

他のイッチン作業の動画はこちらから。

一輪挿し(鋳込み)4

リズム良く、微調整しながら、同じ量の泥漿を落とす。
気の遠くなるような作業ですが、結構楽しいもの。

集中しているようで他に考え事をしていると、
点同士が連なり、「きっ!!」
でもまた、1,2,3,4と数え始めます。
どうも集中している時は心の中で数をかぞえている模様!!

高台の無いべた底なので、
裏底までみっちり“点”模様を施す。
全部で何個なんだろう?

明日はこの『一輪挿し』にお化粧。



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。