ゴブレット制作・今週の教室から

  • Day:2013.02.07 18:14
  • Cat:教室
数日前の記事で紹介した、
ゴブレットの制作工程の様子。

更に追加制作!!
今回は脚の成形方法を変えて挑戦。

ゴブレット今週の教室から1

前回の制作では脚は胴の削り後、
胴底から直接つくり付けていったのですが、
今回は別々につくり、後付け手法。

制作済みのゴブレットの記事はこちらから。
ゴブレット今週の教室から4
  
  ● まず胴本体を玉作りで丁寧に仕上げます。酒器の口縁は薄づくりがオススメ。

  ● 次にちょっと難しいですが、脚部分を底なし空洞で成形していきます。
     手びねりですが水を多めに使い、細い部分をロクロを早く回転させ指で絞り込んでいきます。
     その後模様をつけ、筆等で均しておきます。

  ● 水が引いてから、必要な部分を切り離し天地を逆にし半乾きにします。

ゴブレット今週の教室から3

  ● 胴本体を見込みの形に合わせ、丸く削りだしていきます。

  ● 脚の接着部分を胴本体の形に合わせ、斜めに削り出します。

  ● 削り後は写真のような状態...胴、脚がそれぞれにぴったり合うことを確認します。


ゴブレット今週の教室から2

  ● 本体を脚に合わせて載せ垂直や中心を十分に確認してから、接着のための当たりを墨でつけます。

  ● 胴脚両方の接着部分に櫛目を付け、ドベをたっぷり塗り、お互いを密着させるように接着します。

  ● 余分なドベを拭き取り、指などで均し完成。脚の内側の部分の処理もお忘れなく!!



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。