今週の教室から

  • Day:2013.02.12 23:54
  • Cat:教室
出足が今一だった今年の年明け、
教室の曜日に悪天候・予報が度々重なり、
今月に入り「おめでとうございます」の方も多々。
やっといつものように活気が戻ってきました。

2013教室2月9日1

「今年は!!」と張りきって、
一日券で陶芸三昧の方も数人。


2013教室2月9日2



板作りで香立ての入れ物。
ちょっとモダンでおしゃれな作品。

5mmほどに伸ばした粘土板を
四角形に2枚切り出し、
それぞれをドベで貼り付け、
一枚の粘土板をつくります。

それを丸型の石膏型に載せ、
かたちをお越し、
裏底に半球の三脚を取り付ける。

やわらかく波打った口辺は、
粘土板の口辺部分を石膏型に
合わせないことで作れます。

その後少し乾かし、
重ねあわせた粘土板の一枚にだけ、
白化粧をスポンジで施していきます。




2013教室2月9日4


舟型の中皿。
丸く作った皿を舟型にカットし、
刷毛で大胆に化粧しています。

まだ削りに不慣れな人には、
変形したものやカットしたもの
(正円出ないもの)の作業は、
しんどいものです!!

まずはキレイに真丸のお皿を成形し、
それをそのまま削ります。

削り後、改めて好きな形に
口辺をカットしていく方が、
ずっと楽に作業を進められます。

ただ、やわらかい時に一気に
カットしたものとそうでないものでは、
作品の仕上がりの雰囲気が
かなり違ってきます。



2013教室2月9日3





最近、密かに人気のゴブレット。
丸っこい形がかわいらしい。

丸みのあるボディーを成形し、
その内の丸みに合わせ、
削り出します。

その後その裏底に、
太めの粘土紐を積み、
ボディーに合った
脚となる部分を成形します。

作り手の個性や感性によって、
その形は様々...。
面白いぐらいに違って、
見ている方はとても勉強になります。







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。