色土でワンポイント・今週の教室から

  • Day:2013.03.06 23:54
  • Cat:教室
色土でワンポイントの花柄をあしらった小鉢。
画像では少し分かりにくいですが、
ピンクの花模様が見込みに施されています。

色土鉢1今週の教室から

色土を載せて上からたたき込むこの手法、
絵を描くような感覚で手軽に楽しめます!!


色土鉢3今週の教室から 
色土を練り込み用の顔料、
今回はピンクを使用し、
ベースの粘土に10%程混ぜ、
作っておきます。

ベースとなる粘土(白土)を
好みの大きさと厚みにします。

模様となる色土のパーツを形づくり、
土台の上にバランスを見ながら、
並べていきます。



その後、砂袋や木ごて等で
優しくたたきながら、
少しづつ模様を広げていきます。

ベースが白土なので、
布を当て他の部分への
色付きを防ぎます。



布を外し様子を見ながら、
作業を繰り返し、

バランス良く模様を広げ、
土台にある程度馴染ます。



色土鉢2今週の教室から









上手く模様をなじませたら、
もう一度布を当て、
たたら板を土台の両脇に置き、
麺棒で均し、更に模様を
土台に馴染ませ、
一枚の粘土板にします。



その粘土板を石膏型に載せ、
徐々に型に沿わせ、
形をつくっていきます。
ゴムベラ等で表面を均し、
土を締めます。



ドライヤーで少し乾かし、
型から外して、
口辺をなめし皮で締めて均したら、
出来上がりです。

焼成後は色土の発色が良くなり、
クッキリと模様が浮き上がります。








にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。