化粧刷毛目鉄文鉢の制作・今週の教室から

  • Day:2013.03.17 23:54
  • Cat:教室
今週の教室から...。
化粧刷毛目鉄文鉢の制作の様子を紹介。

鉄彩鉢今週の教室から1  

小さめの高台に軽く反端した口辺とのバランスが美しい。
リムにあしらわれた鉄文が良いアクセントに!!
浅からず深からず、使い勝手が良さそうな器。


鉄彩鉢今週の教室から3





まずは玉づくりで丁寧に
鉢を成形していきます。

口辺はこの作品の重要ポイント。
慎重になめし皮で形を整えます。




半乾き状態にし、
高台を削りだしていきます。

この鉢の魅力のカギともなる、
見込みに合わせた小さめの高台。
あまり高さも付けず、
ボディーラインから繋がるような高台に。



鉄彩鉢今週の教室から2








ムラをつくりながら、
大胆に刷毛で化粧を
器全体に施していきます。






化粧が乾いたら、
薄墨で螺旋を描くように
当たりを付け、
丸スポンジを使用し、
弁柄を置いたら終了。






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)