鋳込み用石膏型・割型成形Ⅰ

先日、制作した一輪挿しの油土原型を使用して、
鋳込み用の石膏型を割型にして成形します。

石膏の特性でもある吸水性を利用した鋳込み成形の型には石膏が多く使われます。
鋳込み成形は焼きものの歴史の中でも古くからある技法で、
中国の土偶、古代ペルシャの形象土器には木型や素焼きの型が使われていました。

鋳込み型

石膏型は押し型・鋳込み用型など、型の中からと作品を取り出せるように抜け勾配にする必要があります。
一輪挿しなどの作品の場合、左右底と3パートの割型にします。
油土原型に抜け勾配を考えながら、割線(正中線)を引きます。
鋳込み型1

まず、右サイド片側の型を取ります。
原型の底が垂直、割線が水平になるように倒して割線の下半分を粘土でうめます。
型の厚みの理想は2.5~3cmなので、原型周囲の厚みを取りヘラで丁寧に面をつくります。
型枠を組み、メド目をしてから、撹拌した石膏を流し込みます。

鋳込み型成形

石膏が固まったら枠はずし、裏返して粘土を取り除く。
合わせのためのツメを彫刻刀などで彫ってゆきます。

※石膏の厚みをなるべく理想に近づけるのと節約のため、粘土などで調節しています。

鋳込み型3

これで片側の型の完成です。
このつづきは、また明日掲載しますのでお楽しみ。
 
鋳込み型4




おまけ


石膏は固まると厄介ですが、プラスチックや
ゴム製の変形がきく容器を使うと固まった
石膏も気持よく簡単に取れます。
バリバリ楽しいぐらいです。








にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【鋳込み用石膏型・割成形】
先日、制作した一輪挿しの油土原型を使用して、鋳込み用の石膏型を割型にして成形します。石膏の特性、吸水性を利用した鋳込み成形の型には石膏が多く使われます。鋳込み成形は焼き...
  • 2012/03/29 05:30
  • URL
まとめteみた.【鋳込み用石膏型・割成形】
先日、制作した一輪挿しの油土原型を使用して、鋳込み用の石膏型を割型にして成形します。石膏の特性、吸水性を利用した鋳込み成形の型には石膏が多く使われます。鋳込み成形は焼き...
  • 2012/03/29 05:30
  • URL
まとめteみた.【鋳込み用石膏型・割成形】
先日、制作した一輪挿しの油土原型を使用して、鋳込み用の石膏型を割型にして成形します。石膏の特性、吸水性を利用した鋳込み成形の型には石膏が多く使われます。鋳込み成形は焼き...
  • 2012/03/29 05:31
  • URL
まとめteみた.【鋳込み用石膏型・割成形】
先日、制作した一輪挿しの油土原型を使用して、鋳込み用の石膏型を割型にして成形します。石膏の特性、吸水性を利用した鋳込み成形の型には石膏が多く使われます。鋳込み成形は焼き...
  • 2012/03/29 05:31
  • URL
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。