黒土粉引片口小鉢・今週の教室から

  • Day:2013.07.26 23:34
  • Cat:教室
今週の教室から...。
黒土による粉引変形片口小鉢制作の様子を紹介します。

黒土粉引片口小鉢今週の教室から1


ざっくり掛けられた化粧、
小さな片口に軽く変形した形がとても素敵です。

黒土粉引片口小鉢今週の教室から2










工房オリジナル黒土は
品切れのため、
市販の黒土を使用。

玉作りで小鉢の形を
丁寧に成形し、
口辺を整えてから、
小さな小さな注ぎ口を
木ベラ等を使用して
作っていきます。



その後手のひらで
小鉢を両脇から挟み込み
軽く形を変形させます。



小さな口に合うように
軽く変形させた形。
少し乾いてくるとまた土が
元の形に戻ろうとするので、
様子を見ながら
再度変形させます。



見込みに合わせ、
小さく高台を
削りだしていきます。
高台の立ち上がりは、
腰からそのまま繋がるような
仕上がりにします。



削り後、
少し乾かしてから、
ゆるめに溶いた化粧を
柄杓で大胆に施します。

本来ならば
ザブ掛けなどで
器全体に施しますが、
前回制作した大鉢を
崩壊させてしまった作者...
今回は安全策で!!













にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。