干支づくり・石膏型制作2

干支馬5



石膏型制作のつづき。

前回やわらかい内に
荒取りした部分と
表面の仕上げ。

最終的な仕上げには、
いつもトクサを使用。
石膏の磨き上げには
トクサが最高!!


石膏型の外側の
合わせ目の角を使用中に
傷まない程度に面を
ナイフ等で軽く取っておく。


型の内側の合わせ目も、
鋳込み時に石膏のカスが
入り込まないように、
軽く軽く角を取る。



















干支馬6





最後に凸装飾部分の
彫りの作業。
今回は眼だけですが...。

この作業は鏡写し。
ちょっと気をつけないと
混乱するので、
マケットでよく確認し、
薄墨で下書きしてからの
一発勝負!!


彫り進めながら、
粘土を石膏型に押し当て、
作業状況を確認しながら
仕上げる。

これで馬2頭、人参1本の
石膏型の完成!!

この後、石膏型を
風通しの良い場所で3日程
よく乾燥させてから、
鋳込み用泥漿の準備と試作。






















にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。