干支『午』制作工程3

素焼き後の工程の前に...馬より評判の良いニンジンづくりの工程紹介。

干支馬23

まずは葉の部分...粘土板を適当な大きさにカットし、
指で挟み軽く潰す感じで葉の葉脈感と動きを作り出します。
竹串で葉脈が足りない部分を描いていきます。
3枚を少しずらし泥漿で貼り合わせ、やわらかい内には全体に動きを付けていきます。

干支馬24

鋳込み成形で抜いたニンジン本体...バリをきれいに処理した後、
木ベラでニンジン本体に筋目を付けていきます。
葉と本体を少し乾かし硬くなってから、ドベで2つをしっかり接着します。
最後に紐通し用の穴を開けて置きます。

干支馬25  

本体は黄色の色化粧を薄めに溶き、2度塗り。
葉の部分は緑色の色化粧をさっとムラをつくりながら塗って終了!!

原形や石膏型づくりの様子はこちらのカテゴリーからスクロールしてご覧ください。



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。