生徒作品1

年末年始の忙しさも去り、やっと普段通りに戻りつつあります。
少しゆっくりして、本日よりPCに向かい始めました。

昨年12月中の窯焚きで焼き上がった生徒作品を
数日に渡り紹介していきます...。
お正月前といううこともあり、
皿・鉢ものが多い...まずは中皿・銘々皿。


2013生徒作品61

<織部櫛目角皿>

織部が見せる見事な釉調と櫛目模様が相まって、
趣ある素敵な器に仕上がっています。
少し深さのある浅鉢仕立ての器は
食卓でとても重宝...盛映えもします。

制作の様子はこちらから。


2013生徒作品62




<色絵三脚変形楕円皿>

やわらかな口辺のアウトラインに
三脚が付いた、
かわいらしい真っ白なボディー、
描かれた線画と赤いドットが
アクセントとなった素敵な一枚。







<黒土八寸皿>

黒土のシンプルな皿...
指跡を模様にしながら
型起こしで成形。
その薄っすら残る指跡模様が、
皿にやわらかさと温かさを
持たせた一品。
お正月、大活躍したのかな?






<織部七寸皿>

織部を掛け分け素地も見せ、
ワンポイントに鉄彩をあしらい、
皿に豊かな表情を加えた作品。
また薄付きの織部も魅力的な
色合いの仕上がりに!!






<黒土刷毛目化粧皿>

黒土に刷毛で大胆に化粧を施し、
皿のアクセントに...そのコントラストが
とても魅力的な一枚。
使い勝手の良いよう、
化粧の部分には釉薬をしっかり掛け、
他の部分は焼き締めに近い感じで
仕上げてあります。

制作の様子はこちらから。





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)