ココットの板作づくり

ココット11

  
  
  半分、意地になりながら、
  窯焚きの晩、残りの耐火粘土、
  やっと全部使い切りました。

  耳付きのドット柄の直火用ココットを制作。


ココット1

   

  時間もたっぷりあったので、
  各工程ごとに写真を撮ってみました。
  かなりの量になってしまった・・・


  空きボトルを利用して、
  板作り、タタラ成形でつくっていきます。

  
  ちょっと手を加えるだけで、
  作品の魅力もぐんとアップ!?





ココット2


 ● 粘土のかたまりを必要な大きさに整え、タタラ板(7mm)を使ってスライスしていきます。

 ● スライスした粘土板を一枚づつゴムベラ等を掛け、土を締め均していきます。
  
 ● 必要な高さを残し、粘土板の上下を切り揃えます。

ココット3

 ● 上下部の辺に対し垂直になるように、粘土板の左右を必要な長さに切っていきます。
    左右きれいに貼り合わせられるよう、45度ぐらいの角度を付け剣先等で切り揃えます。
    反対側は逆の角度に切り落とします。

 ● 切り落とした断面に木ぐし等で、接着のための傷目を付けていきます。

 ● 紙(新聞紙等)を巻いたボトルに粘土板を半分程巻きつけ、左右の断面にドベ(泥漿)をたっぷり
    塗っていきます。

ココット4

 ● 左右の切り口の底辺をしっかり合っていること確認し、ボトルを転がして貼り合わせます。
    この時、粘土板と同じ厚みの板を敷き、ボトルにかませて転がすときれいに巻くこと出来ます。
    このボトルは底の角に丸みがあるため、ボトルの中央で粘土板を巻いていますが、
    そうでないものは、底辺を合わせて巻いていくと作業しやすいです。

 ● 貼り合わせた部分を指で均し整え、余分なドベは拭き取ります。

 ● 紙は残したままで、ボトルを抜き取ります。
    紙を取り除き、内側の繋ぎ目部分も均しておきます。

ココット5

 ● 底用にスライスしておいた粘土版を必要な大きさ(胴より周囲が2~3mm大)にカットし、
   ゴムベラ等で均した後、裏にサインのハンコを押します。

 ● 接着面に木ぐし等で傷目を付けていきます。

 ● 少し置いて乾かした胴部分と底の粘土板の接着面にドベをたっぷり塗り、貼り合わせます。

ココット6

 ● 貼りあわせた後、上から板などで水平を保ちながら軽く叩き、密着性を上げます。

 ● 余分なドベは拭き取り、底の粘土板の余った部分を木べら等で上に上げ、均し整えます。

 ● 板作りで張り合わせた内側は角がきつく、そのままでは見た目も悪いので、
   見た目、使い勝手の良い器にするため、細い粘土の紐を角に貼り付けていきます。
   
ココット7
 
ここからは、ちょっとしたテクニック!!
 作品をロクロの中心に据えて作業することで、タタラ作りの作品もグ~ンと魅力アップ!?

 ● 作品を板ごとロクロの中心に据え、木ごて等で整えていきます。

 ● 要らなくなったプラスチックカード等を形に切り取った物を使い、アクセントとなる底部に仕上げます。

 ● 口辺も好みの、作風に合うものに仕上げていきます。
   
ココット9

 ● 側面にポイントとなる耳を付けていきます。
   傷を付け、ドベを塗り、粘土を密着させながら・・・

 ● 粘土をねじりながら付けていくことで、小さいながら表情のある耳に!!

 ● 少し乾かした後、今回は筆で楕円のドット柄を化粧で入れていきます。


ココット11


これで、ココットの完成です。
耐火粘土も全部処理できすっきり!!

今回までに制作した耐火用の器
は、
再来週には焼きあがる予定です。

長い記事になってしまいました・・・
最後まで目を通していただき
ありがとうございます。






 



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【ココットの板作づくり】
      半分、意地になりながら、  窯焚きの晩、残りの耐火粘土、  やっと全部使い切りました。  耳付きのドット柄の直火用ココットを制作。     時間もたっぷりあ...
  • 2012/05/12 00:51
  • URL
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。