あ~、やってしまった!!

急遽、教室の窯焚に便乗するために急いで釉掛けした箸置き。
焼きあがりましたが・・・
あ~、やってしまいました。

箸置き17

やはり、ことわざの通り「急がば回れ」です。


箸置き18

  

  あ~、ほんとドジ!!
  かなり凹みます。
  バケツを間違えて、
  調整中のトルコ釉を使用。

  釉掛け中、
  釉の掛かり具合が
  おかしいなと思いつつ・・・
  チェックしなかった私。

  写真のような『こども体験』作品の
  色味になるはずが・・・
  これでは、お嫁に行けない。
  嫁ぎ先も決まっていたのに・・・

  そう落ち込んでもいられないので、
  焼き直します。

  おおちゃくは厳禁です!!





箸置き19





教室で導入希望のあった結晶釉。
試作段階で使用してみました・・・

釉薬自体はこの調合で良いかな、
教室では使って行きたいと思います。

がしかし、
試しに使用してみたものの、
この作品にはイマイチでした。
と言うか 、私のスタイルではなかった。



箸置き20

  


  一手間加えた作品の裏は、
  こんな感じに仕上がってます。

  この箸置きの今までの
  制作工程はこちらから。







にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。