新しい技法に挑戦・今週の教室から

  • Day:2012.05.22 11:04
  • Cat:教室
陶芸教室の生徒さんで挑戦するのは彼女が初めて、
『シェラックレジスト技法』。
キメの細かい粘土に魅力的な装飾効果を与えることができます。

手間と最新の注意が必要なこの技法、
初心者向けではありませんが、
作品の一部に取り入れるだけでも挑戦して見る価値はあります。

教室・シェラック1

今回は中皿の作品一面に細かい絵柄を施していきます。
成形、削り後の生乾きの作品に、
墨で絵柄を描き、その隙間を塗りつぶします。

※ 塗りつぶす工程は必要な作業ではありませんが、初めての挑戦では行なっておくと後の作業が楽です。


教室・シェラック3

『シェラック』、
ラックカイガラ虫の分泌物を
精製したもの。

家具やギターなどに使われる
天然のニス。

シェラックの薄片を
変性アルコール(無水エタノール等)
で溶いてシェラックニスをつくります。

※ 濃いめのニスをつくります。




下絵も絵柄にしたがって、
シェラックニスを
丁寧に塗っていきます。

根気のいる、
手間の掛かる作業です。






教室・シェラック4



シェラックが乾いたら

スポンジを湿らせて、
シェラックの周囲の粘土を
丁寧に拭き取っていきます。

※ 水分過剰には要注意!!





シェラック周囲の墨が取れ、
粘土の厚みが減り、
絵柄と周囲の厚みの差が
明瞭になったら作業終了。

※ 均一な厚みの差がでるようにする。




教室・シェラック2

作業終了、お疲れ様!!
初めてなの技法なのに...頑張ってます。
この後、成形済みの中皿と取皿が待ってるようです。
これを焼成するとシェラックが焼け、模様が浮き出します。
ごくシンプルなデザインでも魅力的に仕上がるので、
ぜひ挑戦してみてください。

完成作品はこちらから。



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



スポンサーサイト

Comment

根気
こんばんは。
凄く根気のいる工程ですね。
筆さばきが上手くないと出来ない事ですね。
出来るようになりたいなぁ。。。
Re: 根気
ふくちゃんさん>こんばんは。
この技法、いろいろ奥深い表現方法も出来ますが、
基本は平面構成のようなベタ塗りで模様を塗り描いていくものなので、
思っているより簡単ですよ~!!
密度の濃い絵柄のほうが効果があるので、
やはり根気、根気...楽しいですよ~!!
現在私が制作している「朱泥扁壷花入」にも、
この技法を使っているので、
今週記事にするので覗いてみてください。
  • 2013/02/11 22:52
  • kanae
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【新しい技法に挑戦・今週の教室から】
陶芸教室の生徒さんで挑戦するのは彼女が初めて、『シェラックレジスト技法』。キメの細かい粘土に魅力的な装飾効果を与えることができます。手間と最新の注意が必要なこの技法、初...
  • 2012/05/23 03:19
  • URL