窯から出ました!!

陶芸教室の生徒作品たちは、良く焼き上がっていますよ!!
その中からピックアップして紹介していきます。


生徒作品12.5.18.2

  
     “今週の教室風景”
  で制作工程の
  様子を紹介した茶器。

  灰釉を薄掛けし、
  その上から霧吹きを使用して、
  釉調に変化を付けています。
  赤土の土肌を楽しめる、
  シンプルな仕上がりの作品。





  織部釉に鉄絵が効いた、
  手持ちの良い素敵な湯呑み。

  2作品目とは思えない、
  驚きの仕上がり!!





  長めのオーバルプレートに、
  多目的に使える小さめの片口。
  黒マット釉を施し、
  シックで落ち着きある色合いに
  仕上げられています。

  このかわいらしい魚の箸置きが、
  魚の箸置きづくりブームの発端!!
  
  




生徒作品12.5.18.1





前回、釉掛け工程釉掛け工程
を紹介したモンステラの湯呑み。

模倣とはいえ、
とても丁寧に仕上げられた、
素敵な作品です。
私のより出来が良かってりして...




初めての染付のダミ作業...
上出来です。

白い素地に呉須で描かれた、
大きなワンポイントの唐草紋が、
とても良く映え、
赤い持ち手とのコントラストが
個性的で魅力的なマグ。



スポイトで色釉を挿す作業...
尻込みしてしまったと。

いやいや、
やわらかい白釉と相まって、
素敵な色合いを見せています。


生徒作品12.5.18.3





  
  土あじを活かすため、
  土灰釉でシンプルに仕上げた、
  使い勝手の良い大き目の銘々皿。

  器一面にポトポツと浮いた、
  土の鉄分が面白い表情を
  見せてくれています。


  
  
  器一面に化粧を掻き落とし、
  軽やかなタッチで描かれた
  素敵な絵柄のセット物。

  前回制作した中皿と合わせ、
  これからまた一手間、
  上絵を施していきます。




  
  “水浴びブーちゃん”、
  かわいらしく色付けされ、
  ストライプのパンツが...

  水辺仕立てにするために
  青色ガラスを入れるはずが...
  すかっり忘れて焼成。
  見込みに色ガラスを置き、
  もう一度窯の中へ。






にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。