FC2ブログ

京成バラ園

  • Day:2017.05.24 23:39
  • Cat:私事
バラでは結構有名な「京成バラ園」…
この時期は遠方からもたくさんの人が訪れ、交通渋滞ができるほどの盛況ぶり。

そんなバラ園はウチから歩いて5分もかからないが、今まで園内には一度も訪れたことがなかった。
今回、バラ園にお勤めの生徒さんに招待券を頂いたのでバラ園デビュー‼️



バラ、バラ、バラ…圧巻のバラ咲き乱れ景色。
ただ、このところの暑さと人にバラも少々お疲れのよう。



これだけの花をつけさせる職人技は見事。
風にのって、バラの香りがあちらこちらから…



気に入った「カフェ・ラテ」。



やはり白いバラはキレイ。



ブラック系、たまらん❤️



写真は撮り忘れたけれど…
最後にこんなピンク色の「バラソフトクリーム」を食べました~~‼️
こっちがメインだったりして…ウマウマ。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

生徒作品


臨時窯で焼き上がった生徒さんの作品。
数は少ないですが、いくつかピックアップ。



シックな黒化粧の素地に、施した彫文に挿した色が映えた素敵な一品。



長石釉系の色肌がやわらかな印象の取り鉢…
前回焼き上がった片口八寸鉢とのセット。



白肌の胴回りには寒色、暖色系のドット模様を淡くそれぞれに挿し、ボトムの鉄で



薄く溶いた松灰釉を濃淡をつけ施し、織部を掛け分けた趣ある茶碗。



白化粧後、彫りや掻落としで入れた模様に色を挿した個性的なボウル。



白化粧のボディ、高台周りに鉄を施したシンプルな茶碗。



白化粧、鉄、グラデーションなどそれぞれにキュートなミニ花器。



前回につづき、展示販売会に向け増産‼️


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


今週の教室・その2

  • Day:2017.05.21 21:21
  • Cat:教室
今週土曜日はえらい暑さでしたが、皆さん制作に没頭‼️



茶碗の胴部分に刷毛で黒化粧を施していく。



ちょっと個性的な器…微妙にムラを作りながら、白化粧を刷毛塗り。



粗めの土は削りも一苦労‼️



コーヒーセット一式…ポット、ドリッパー、マグ。
次回の削り作業とパーツ付け、なかなか大変。



家族分のそば猪口…あるといろいろ使える、一器多用の便利な器。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今週の教室・その1

  • Day:2017.05.20 23:18
  • Cat:教室
今週の教室風景から…
まずは色付けや釉掛けシーンからピックアップ。




ベースの釉掛け後、柄杓で織部を掛け分けて、さらに筆でを振りアクセントをつける。



大胆な筆づかいでアドリブ的模様を弁柄で彩色。



微妙な釉調の変化の効果をねらい、胴回りは薄く溶いた弁柄を濃淡をつけながら挿していく。



まず今日はベースになる色を…まるでお菓子みたい‼️


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

取り憑かれパワー

  • Day:2017.05.19 23:24
  • Cat:私事
『草間彌生展』行って来ました‼️
前回の展示会も行きそびれていたし、2000年代から描き綴っている作品を観たくて…。

結局会期ギリギリ、激混みは承知の上で出向いたものの…やはり撃沈。



初見の作品と大広間の『わが永遠の魂』が救いだった‼️
80代になってもこれだけのパワーを持って描きつづける彼女を尊敬致しまする。



酷評するつもりはないが、新国立の展覧会は好きになれん…ただでさえ狭いスペースにいつも詰め込みすぎる、残念感が半端ない。

それはともかく、出がけはもの凄く疲れていたが、彌生ちゃんの原色カラーにたくさんパワーをいただき、すっかり元気に‼️
でも、外はゲリラ豪雨…息子には傘を持たせ、自分は持たずに外出。

ミュシャも観たかったが、次は千代田線で湯島へ…
降りた湯島では全く降っておらず、ありがたや。



ネットで拝見し、もの凄いパワーを感じ惹かれるまま…
佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」に行ってきました。

白いスペースに圧巻の木炭画…
静寂の中にエネルギーを感じる、何か音さえ聞こえて来るような素敵な空間でした。



ずっと不思議な色調が気になっていたのですが、答えはシナベニヤ。

今回は2人のアーティストから「取り憑かれパワー」をたくたん分けていただき、とても良いリフレッシュができました~~‼️

久々に昔のテリトリーを散策もでき、一緒に行った息子も楽しんだようで、良き一日となりました。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ